2015-07

ミーシャが死んだ

7月29日ミーシャが死んだ。日記を調べたら2003年の7月23日、お得意様の南小泉のTさん宅にパンを届けに行ったとき、庭の草むらに何かいる気配。玄関先でTさんと立ち話をしていたら私の足元でくるくる回っている猫がいた。それがミーシャだった。捨てられたのか、迷い猫なのかわからなかったけど、毛並みがロシアンブルーだったし、Tさんが「昨日からなんかいるのよね、私猫嫌いだから連れて帰って」とおっしゃったのでそのまま我が家に連れて帰りました。見た目がきれいなロシアンブルーだったのでロシア風の名前で「ミーシャ」と付けました。世話のやける猫だったけど、やさしい甘えん坊の猫でした。おとなしく、抱っこされても嫌がらない猫で、よく私の腹の上で寝てました。自分もミーシャにはだいぶ癒されました。あれからちょうど12年・・・。いつかは死ぬのは分かっているけど・・・。切ないです。ただ、死ぬ一週間ぐらい前に抱っこした時、俺の顔をじっと見つめてた。いつもと違う目の輝きだった「父ちゃん、今まで育ててくれてありがとう」って言ってるみたいだった。なんとなくそんな気がしたんだ・・・。病院で死んだのが心残りだったなぁ・・・。こんな時はいつも河島英五の歌の歌詞を思い出すんだ、「哀しみはいつだって幸せな日を選び、風のように現れて夢のように消えてゆく、ひたすらに流れてゆけささやかな人生よ、せめて戻せぬ運命(さだめ)なら・・」って。
ミーシャも俺に出会ってよかったろう俺ら家族もお前にだいぶ癒された。ありがとうな、俺が三途の川を渡るときは向こう岸で、ニャンコとポイとリュースケと茶々子とミーシャと5匹でちゃんと待ってろよ!じゃあな!今までありがとう。

2010年ミーシャ1
2013年年賀ミーシャ
ミーシャ1
ミーシャ
スポンサーサイト

旧友再会

旧友再会。中学2年時代の友人たちと46年ぶりに会った。大和町の「村さ来」で飲んだ。気のおけない連中と飲んで久し振りに酔った。今日の酒はうまかった。腹の底から笑った。
旧友再会

暑中お見舞い

2015年夏

お知らせ

藤崎デパートで7月24日(金)~27日(月)。8月13日(木)14日(金)、地下一階食品売り場で(フォーション隣、フレッシュジュース売り場前)ジャンヌダルクのパンを販売いたします。宜しくお願いいたします。
今年も「カサブランカ」咲きました。
2015百合

ケンドーカシン来店!

プロレスラー・ケンドーカシンファミリーがご来店。不思議なご縁で震災の前からジャンヌダルクをご贔屓にしていただいております。当時乳母車に乗っていた坊やもすっかりワンパク坊やになり、去年生まれた御嬢さんももうすぐ一歳。日露のハーフでカワユイデス。
ケンドーカシン来店2
ケンドーカシン来店3
熱狂的ケンドーカシンファンのI さんと記念写真

暑いぜ

昨日も今日も暑いぜ。おととい風邪をひいちまって昨日はしんどかった。病院行って薬をもらったけど。今日明日休みなのでしっかり養生しよう。植物もだいぶまいってるだろうなぁ・・って朝見たら百合の花が咲いてた。ゴーヤも実を付けてた。植物の生命力ってスゲーなぁ・・・。
2015百合ゴーヤの実

今日は7月14日パリ祭だなぁ・・。2年前シャンゼリゼでパレード見たっけなぁ・・。
パリ祭騎馬
パリ祭凱旋門
パリ祭ジェット



結婚式とチッペと楽天の花火大会

結婚式はお陰様で曇ってたけど雨も降らず暑くもなくいい日和でした。皆さん感動しておりました。最後の新郎父挨拶の後のサプライズで竹内まりあの「いのちの歌」で泣かせました。「最初は笑わして最後に泣かせる」予定どうりでした(笑い)
息子の結婚式

結婚式1結婚式2
うちの息子もこういうの作れるんだ。愛?
ちっぺラベンダー
ちっぺが一生懸命ラベンダーの花の香りを嗅いでいました。
楽天花火大会
楽天の花火大会。角のサンクスの駐車場からバッチリ見えました

息子の結婚式のため休みます

7月5日息子の結婚式のため7日まで臨時休業いたします。8日から通常どうり営業いたします。

ジャンヌダルク号

7月の休み

7月の休みです。大変ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いいたします。
2015年 7月の休み

やっと手に入れました

よく、お客様から店の名前の由来を聞かれます。遡ること南小泉小学校2年生の時、図書館で初めて手にした本がこの本なんです。
表紙の絵が子ども心に素敵だったので、手にしたのだと思います。その時「ジャンヌダーク」という名前がインプットされました。
それからだいぶ年月がたち、大学生時分に第一楽器の二階にあった「名画座」で「カサブランカ」を見てイングリット・バーグマンの美しさにはまってしまって、バーグマンの映画を立て続けに見ました。その中に「ジャンヌ・ダルク」という映画がありました。そこでまたあのときの(小二の)記憶がよみがえってきたわけです。それから、分家独立するときに長岡の「宝徳稲荷神社」にお参りに行きました。
(この神社は私の父がよく参拝に行ってました)拝殿に座った時、何となく女性の名前がいいなぁつて思ったわけです。(なんの根拠も有りませんでしたが)その時、フッと浮かんだのが「ジャンヌ・ダルク」という名前でした。それで、付けたわけです。ちょうどその頃、東京デズニーランドが出来て、「商標権」というのが問題になっていました。「ジャンヌ・ダルク」という名前は誰でも知ってるし良い名前だから商標権を申請した方がいいよ」と弁理士さんに言われて当時10万円は痛かったけど後々の事を考えて申請しました。それから1年後だったか2年後だったかに無事審査が通って、「ジャンヌダルク」の商標権を取得いたしました。10年ごとの更新になりますその都度10万円ぐらいかかります。今思うとあの時申請しておいてよかったなぁって思っています。
ジャンヌ・ダーク本2ジャンヌダーク本裏

この本は昭和26年発行の初版本です。作者はナントあの「眠狂四郎」シリーズの柴田錬三郎です。戦後、子供向けの偉人伝で糊口をしのいでいたんですね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ジャンヌダルク フィスエペール

Author:ジャンヌダルク フィスエペール
仙台市若林区で親父と息子が焼いてるパン屋です。
商品の紹介や日々のちょっとした出来事をつづっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (487)
はじめに (2)
お知らせ (2)
新商品 (0)
八重の桜あんぱん (1)

FC2カウンター

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR